POOMAMAのTOEIC & 多読ブログ

子持ちアラサーのゆるっとTOEIC学習と多読

CD-ROM付 やさしい英語で『不思議の国のアリス』を読もう

 多読ブログ、記念すべき1冊目。

「やさしい英語で『不思議の国のアリス』を読もう」

CD-ROM付 やさしい英語で『不思議の国のアリス』を読もう (CD/DVD付書籍)

CD-ROM付 やさしい英語で『不思議の国のアリス』を読もう (CD/DVD付書籍)

 

英語レベル:初級(TOEIC500以下)

読みやすさ:★★★★☆

(評価は私(TOEIC 575)目線ですので悪しからず)

 

私、不思議の国のアリスが好きで、子供の頃から数えるともう何回映画を観たか分かりません。

勿論全部日本語版ですよ!

あの支離滅裂な世界観が好きで何年かおきに観てる気がする。

 

なので洋書の多読を始めると決めた時に、アリスは必須項目だったんです。

でも、どうやら原書は児童書の割に難解だと聞いたので、読むにはまだ時期尚早かなぁと思ってました。

が、ネットでアリスの洋書を検索していたら、平易な英語で書かれたものを見つけまして

これなら今すぐ読める!ということで早速図書館へ。

 

話はズレますが、図書館って本当に価値ある公共施設ですね。

多読をするにも全て買うにはお金が足りない(というか殆ど買えない)ので

なるべく図書館の蔵書から読み進めていく予定です。

児童書の洋書も沢山置いてあるのでウキウキしますね。

 

さて、話をアリスに戻しますが

こちらの本は基本的に中学レベルだそうです。

しかも分かり辛い単語や熟語は各ページの下部に日本語訳が記載されています。

そして細かいチャプター分けがされていて、チャプター毎に日本語訳が付いています。

要するに辞書無しで最後まで読めます!

多読初心者にとって、とても心強いオプションですね。

 

しかし流石アリス。

優しい英語に直され且つ日本語訳も付いているというのに

元々のトンチンカンな会話のせいで、ちょこちょこ

「あれ?これ読み間違えてる?私が思ってる意味と違う?」

と悩む箇所が出てきましたね。

別に読み間違えてなどいないんですが、キャラクター同士の会話が成り立っていない事が多く

英文の前後から内容を予測することすら出来ないことがたまにありました。

恐らく原書の読みにくさはこの辺りからくるものなのでしょうね。

 

私は映画でしかアリスを知らなかったので

映画には出てこない公爵夫人、ウミガメやグリフォンのストーリーなど

初めて知る事も多く新鮮でした(チェシャ猫が公爵夫人のペットだとは知らなかった)

 

この「やさしい英語で『不思議の国のアリス』を読もう」でストーリーの全貌を掴んでおけば

原書もすんなり読み進められると思うので、いずれチャレンジします。

 

あと、CD-ROMが付録であるので、iPodなどに落とせばどこでもリスニング出来るしお勧めですよ。

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へこのブログを応援する